くらし情報『のん、久々の映画出演でヒロインに! 昭和歌謡披露&久慈市撮影も』

2019年4月30日 13:41

のん、久々の映画出演でヒロインに! 昭和歌謡披露&久慈市撮影も

のん、久々の映画出演でヒロインに! 昭和歌謡披露&久慈市撮影も

人気舞台『星屑の町』が映画化され、女優・アーティストの、のんがヒロインを務めることが30日、明らかになった。2020年劇場公開を予定している。

同作は、地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描く舞台「星屑の町」シリーズを実写映画化。平成6年に第1作が上演され、25年に渡り第7作に至るまで愛され続けてきた。

大手レコード会社の社員だった山田修(小宮孝泰)をリーダーに、市村敏樹(ラサール石井)、込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)、天野真吾(大平サブロー)、西一夫(でんでん)をメンバーとし、ベテラン女性歌手・キティ岩城(戸田恵子)等と地方を回りながら細々と十数年やって来た「山田修とハローナイツ」が、修の生まれ故郷・東北の田舎町にやってきたことから物語が始まる。

ヒロイン・のんは、田舎町で歌手になる事を夢見ながらスナックを経営する母と暮らす愛を演じる。愛は歌手になる夢を叶えるため、地方巡業にやって来たハローナイツに入れてもらうために奮闘する。のんにとってゆかりの深い岩手県・久慈市でもロケーションが行われ、第二の故郷とも言える思い出の地を舞台に実写では久々の映画出演を果たすことに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.