くらし情報『“棒読み演技”が話題に!? ナイツ・塙宣之「現場にいた全員が凍りつくくらい…」』

2021年8月11日 19:10

“棒読み演技”が話題に!? ナイツ・塙宣之「現場にいた全員が凍りつくくらい…」

舞台を駆け回る人気漫才師として定評あるナイツ。その一方で、ドラマで見せる塙宣之さんの棒読み演技に注目が。世間から酷評されても続けたい理由とは?

ベテラン勢と会話の呼吸の息はぴったり(笑)。

目次

・ベテラン勢と会話の呼吸の息はぴったり(笑)。
・Masterpiece
・Review
“棒読み演技”が話題に!? ナイツ・塙宣之「現場にいた全員が凍りつくくらい…」


この春、シーズン5が放送されたばかりの内藤剛志主演のドラマ『警視庁・捜査一課長』。ナイツの塙宣之さんは’18年のシーズン3から参加し、登場するやいなやその演技の“棒”っぷりがSNSを中心に大いにイジられる事態となった。

「僕が棒だってことは、いちばんはじめの撮影ですぐにわかりました。安達祐実さん演じる谷中萌奈佳の部屋を訪れるというシーンで『萌奈佳ちゃんの部屋ってこんな感じなんだ』ってセリフがあったんです。すごく短い簡単なセリフですが、これがその現場にいた全員が凍りつくくらいの棒演技だった。これは、どうしようかなと思いました」

しかし、他のキャストやスタッフからかけられたのは意外な言葉だった。

“棒読み演技”が話題に!? ナイツ・塙宣之「現場にいた全員が凍りつくくらい…」


「僕はめちゃくちゃ恥ずかしくて困っていたのですが、撮影をはじめて半年くらいたったころにプロデューサーから『そのままでいいです。うまくならないでください』とはっきり言われたんです。他の方にも同じように言っていただいて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.