くらし情報『日仏“冴羽リョウ”がそろい踏み、山寺宏一「感無量です!」』

2019年10月20日 16:14

日仏“冴羽リョウ”がそろい踏み、山寺宏一「感無量です!」

日仏“冴羽リョウ”がそろい踏み、山寺宏一「感無量です!」

1985年に連載をスタートした北条司による不朽の名作「シティーハンター」をフランスで実写化した映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』(11月29日公開)のデラックス吹替版完成披露イベントが20日、東京・TOHOシネマズ日本橋で開催され、主演&監督のフィリップ・ラショー、声優の山寺宏一沢城みゆき神谷明伊倉一恵が登壇。日仏の冴羽リョウが顔をそろえ、山寺が「感無量です!」と胸いっぱいの様子で感激を語った。

ボディーガードや探偵を請け負う凄腕のスイーパー、“シティーハンター”こと冴羽リョウと相棒の槇村香に危険なミッションが舞い込み、2人が史上最大の危機に立ち向かう姿を描く本作。これまでのアニメシリーズではリョウ役を神谷、香役を伊倉が演じてきたが、今回の吹替版では山寺がリョウ、沢城が香を演じた。

ラショーは「小さな頃、90年代くらいでしょうか。『シティーハンター』をアニメで知った」とアニメシリーズの大ファンだったそうで、「その作品をフランスで実写化できて、こうしてお披露目できた。子供の頃からの夢が叶った」としみじみと語った。

山寺は、声優デビュー当時にはアニメシリーズ「シティーハンター」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.