くらし情報『劇団EXILE・佐藤寛太、撮影現場で見た武田鉄矢の行動に驚き』

2019年10月31日 20:00

劇団EXILE・佐藤寛太、撮影現場で見た武田鉄矢の行動に驚き

劇団EXILE・佐藤寛太、撮影現場で見た武田鉄矢の行動に驚き

劇団EXILEの佐藤寛太が31日、都内で行われた主演映画『いのちスケッチ』(11月15日公開)の完成披露試写会に、藤本泉、瀬木直貴監督とともに登場した。

同作は福岡県に実在する"延命動物園"の大牟田動物園をモデルにしたオリジナル作。漫画家の夢を諦め故郷の福岡に戻ってきた青年・田中亮太(佐藤)が、地元の延命動物園でのアルバイトで園長の野田(武田鉄矢)や、獣医師の石井彩(藤本)らと働いていくうちに異議を理解し、園の運営を救うためもう1度漫画を描くことを決意する。

「地域の映画は、その地域の課題にどのような処方箋を出していくのかが大事」と語る瀬木監督は、「高齢化が進み、人口減少という課題がある中で、僕らはどう映画を通じて10年後20年後の未来を作っていくか。調べたら、出生率が福岡の他の都市より2倍ある。ファミリー層をつなぎ止めるのは、動物園しかない。それでピンと来たんです」と同作の誕生秘話を披露した。

吹替えなしで絵を描く芝居に挑んだ佐藤は、「動物園が抱えてる問題も調べさせてもらって。動物の骨格やどう筋肉がついてるのかも知らないと立体的な絵をかけないですし、色々学びながらやっていくと、共通点も見つかったりする」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.