くらし情報『離婚とお金の話(後編) - 2年間の浮気の慰謝料ってどのくらい?』

2012年9月18日 10:05

離婚とお金の話(後編) - 2年間の浮気の慰謝料ってどのくらい?

そのため、結婚後に築いたことが明確な500万円の預貯金は、250万円ずつ分配することが基本になります。

さて、ご相談のケースで難しいのは、ペアローンで購入した新築マンションの処理です。

さまざまな処理の方法が考えられますが、相談者は「今後もこのマンションに住み続けたい」という意向のようなので、別居するまでの負債は夫婦が平等に負担し、別居後は、相談者が負担することが、1つの合理的な解決策になります。

これまで相談者のみがローンの支払いをしていたのであれば、返済した金額の半額を、奧さんに請求することも考えられます。

ただし、この場合、ペアローンの名義変更や借り換え等が必要になると考えられるので、契約内容を確認し、住宅ローン会社とも交渉しながら、手続きを進めていくことになります。以上、相談者のケースについて一般論を基に考えてきましたが、その他に考慮すべき事情も多々あり、具体的な事案の内容によっては、上記以外のさまざまな解決が考えられます。

離婚は、それまでの夫婦関係を清算して、今後の新しい人生のスタートする、人生のターニングポイントの1つになります。

そこでは、(1)夫婦関係をすべて適切に清算し、(2)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.