くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】歯科医に聞く。親知らずは、抜く? 抜かない?』

2012年1月10日 17:00

【コブスくんのモテ男道!】歯科医に聞く。親知らずは、抜く? 抜かない?

【コブスくんのモテ男道!】歯科医に聞く。親知らずは、抜く? 抜かない?
一番奥の歯がずきずきする……親知らずがうずいている、抜かなくてはならないのでは!でも、抜歯のシーンを想像しただけで頭がクラクラします。一体、親知らずを抜く、抜かないはどのようにして判断すればいいのでしょうか。

歯学博士で口腔(こうくう)衛生・口腔外科が専門の江上歯科院長・江上一郎先生に、お話を伺いました。

■大人になって生えるから「親知らず」と呼ぶ

――親知らずとは、一番奥に生えてくる歯のことですよね?

江上先生そうです。人間の歯は、上下に左右7本ずつ、合計28本生えるのですが、思春期以降に、一番奥に1本ずつ、「8番目の歯」が生えてきます。これが「親知らず」と呼ばれる歯です。

「親知らず」と呼ばれるのは、だいたい、15歳~25歳ぐらいの間に生えるので、親が、その歯を見ることがないからでしょう。

――「親知らずは抜いたほうがいい」とよく言われますが、本当ですか?

江上先生親知らずといえども、普通の歯のようにまっすぐきちんと生えていて、虫歯や歯ぐきのトラブルがなければ抜く必要はありません。8番目の歯としての役割を果たしてくれるとありがたい存在になりますね。

ただ、そのように正常に生える親知らずは少なく、虫歯になったりと口腔(こうくう)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.