くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】内科医に聞く。人間ドックで何をする?』

2012年8月18日 19:00

【コブスくんのモテ男道!】内科医に聞く。人間ドックで何をする?

【コブスくんのモテ男道!】内科医に聞く。人間ドックで何をする?
体に不調を感じたとき、ふと頭をよぎる健康診断や人間ドック。ちまたに情報があふれるこのごろ、なんだか自分の身が気になります。

そこで、内科医で大阪府内科医会副会長・泉岡医院院長の泉岡利於(いずおか・としお)先生に詳しいお話を伺いました。
■健康診断にはない消化器官、がん検査がある

始めに、健康診断と人間ドックの違いについて、泉岡先生はこう説明します。
「どちらも体に異常がないかを確認するための検査です。

『健康診断』は学校や職場、自治体で行われ、法令によって実施が義務付けられています。これに対し、『人間ドック』は任意で行う、つまり、希望する人が自分で医療機関を選んで受けに行く、という違いがあります。

人間ドックは、『個人的に、健康診断より一歩踏み込んだより詳しい検査』だと言えます」

具体的に、健康診断や人間ドックではどんな検査を行うのでしょうか。
「健康診断では、主に心臓病、肺疾患、糖尿病などを対象に7~24項目の検査を行います。
血液検査をすることがありますが、それで体のことがすべて分かる、と勘違いをされている方が多いように感じます。分かるのは、貧血、コレステロール値、肝臓や腎機能、糖尿病、痛風についてです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.