くらし情報『「脚だけ浮いて見える」を防ぐタイツ選びのコツ』

2019年2月4日 11:30

「脚だけ浮いて見える」を防ぐタイツ選びのコツ

タイツや靴下専門店に行くと、さまざまな色柄のタイツが揃っていて、どれを選ぼうか迷いますよね。でも私の選択はちょっとコンサバ。

ふくらはぎや足首の太いのが悩みなので、全身を離れて見たときに、タイツだけが浮いて見えないように気をつけています。

「タイツはボトムスと靴をつなぐ影」。そう考えて、色はブラックとチャコールグレイの2択です。

2m1w02


私のワードローブのベースカラーは黒なので、靴も黒、白が中心です。

ボトムスだけ色を持ってきた場合も、タイツとブーツは黒にして、膝下から爪先までがひと続きに見えるよう、心がけています。

ネイビーのボトムスはほとんど持っていないので、ネイビーのタイツも買いません。

2m1w03

2m1w04

2m1w05


ただし、ボトムスと靴がブラックでなく、ライトベージュやライトグレーなどのペールトーンの場合は例外。

タイツを黒にすると色が強すぎて脚だけ浮いて見えるので、例外的にチャコールグレーのタイツを合わせるようにしています。

グレーの色みは多岐に渡っていて難しいですが、あまり明るい色だと脚が膨張して見えてしまいます。

そのため、茶色みがかっていない控えめなチャコールグレーをチョイス。黒ほど主張せず、脚に影を作る役割をしてくれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.