2014年9月10日 07:00|ウーマンエキサイト

お弁当にも! 子どものお腹にやさしいカラフルハンバーグ

河村直子
ライター (エナ(子宮)ビューティスト / 食育アドバイザー)
河村直子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
子どものお腹にやさしいカラフルハンバーグのレシピは、2歳を過ぎたお子さんに向いています。子どもの腸は、母乳のみを消化できていた赤ちゃんの頃から次第に成長して、個人差はあるものの、3歳程度で大人の腸へと近付きます。離乳食を進めるタイミングは、歯の生え揃い具合を見て決めるのがよいでしょう。
お弁当にも! 子どものお腹にやさしいカラフルハンバーグ
ある程度腸がいろいろなものを消化できるようになる頃には、犬歯とその奥の臼歯が生えた状態になっています。犬歯で肉を噛みちぎり、臼歯でそれをすりつぶすことができるようになると、肉を柔らかくしてお腹へ届けることができるようになります。

一番奥から一つ手前の臼歯(第一乳臼歯)が生えていれば、牛肉を食べることができるようになるでしょう。歯の生え方にはもちろん個人差があるので、便の様子やおならの臭いなどにも注意しながら、お肉を与える加減を決めていきましょう。

噛むことが苦手な子どもにはまず、ミンチ肉(ひき肉)から始めてみることをオススメします。ミンチ肉といえばハンバーグ。ですが、卵やパン粉は使いません。あくまでも2歳児の子どもの腸内を考えて、つなぎもお腹にやさしいものを使用しましょう。

■子どものお腹にやさしい、カラフルハンバーグのレシピ(対象年齢:2歳以上)
<材料>(子ども用ハンバーグ10個くらい)
・牛ひき肉 200g
・鶏ひき肉 200g
・赤パプリカ 半個
・黄パプリカ 半個
・ピーマン 1個
・玉ねぎ 半個
・塩コショウ 少々
・片栗粉 適量
・ココナッツオイルまたはゴマ油 適量
河村直子
河村直子の更新通知を受けよう!
確認中
河村直子
河村直子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
河村直子
河村直子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
河村直子
河村直子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
河村直子
河村直子の更新通知が届きます!
フォロー中
河村直子
河村直子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.