つばが7cm以上の帽子を選ぼう 子どもの日焼け対策

2016年5月5日 07:00
 

かとうともみ ライター
かとうともみ

暖かくなり、お出かけの楽しい季節がやってきました。この時期、気をつけなければいけないのが紫外線対策です。

目次

・子どもの肌に適した日焼け止めとは?
・日焼け止めの成分にも注意
・帽子や服で紫外線対策をするには
海辺をあるく子ども

(c) hakase420 - Fotolia.com



日差しはやわらかくても、初夏の紫外線量は真夏とほぼ同じ。また、人は生涯で浴びる紫外線の半分以上を18歳までに浴びるといわれており、その時期が早いほど、大人になってからの影響も大きいのだとか。

大人だけでなく、子どもにもしっかり紫外線対策が必要です。

■子どもの肌に適した日焼け止めとは?

赤ちゃんや小さな子どもの皮膚の厚さは大人の約半分。バリア機能も未熟なため、外部からの刺激によって肌が傷つきやすくなっています。

肌がデリケートだからこそ紫外線対策が必要なのですが、日焼け止めを使う際も、肌に負担がかからないように注意しなければいけません。

日焼け止めには「SPF」「PA」といった数値があり、これらの値が高いほど肌への刺激も強くなります。

紫外線防止効果が高い一方、せっけんだけではしっかりと落とせない場合もあり、数値の高いものは子どもの肌にはあまり適しません。

ちょっとした散歩や公園遊び程度なら、SPF20くらいで大丈夫。

屋外でのスポーツやレジャー時のみ数値の高いものを使用するなど、シーンによって使い分けをしましょう。塗りっぱなしにせず、汗をかいたらこまめにぬり直すことも大切です。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.