2016年9月21日 22:00|ウーマンエキサイト

3ステップでOK! ドラム式洗濯機でもタオルをふわふわにする方法

スタイリッシュで使いやすい「ドラム式洗濯機」ですが、実際にタオルを洗ったらゴワゴワになってしまった…と嘆いている人も多いようです。

目次

・なぜタオルがゴワゴワになってしまうの?
・乾燥機を使わずにふわふわ感をキープするための3ステップ
・ひと手間を加えて さらに肌ざわりよく
タオル

© akoji - Fotolia.com



今回は、ドラム式洗濯機でもタオルのふわふわを保って洗う方法を検証します!

■なぜタオルがゴワゴワになってしまうの?

スタンダードな縦型洗濯機とドラム式洗濯機では、洗い方が異なります。縦型洗濯機は、洗濯槽を水平に回転させることで衣類同士がすれるときに汚れを落とす「こすり洗い」。

一方、ドラム式洗濯機は、床に対して垂直に回転することで衣類を上下にたたきつけて汚れを落とす「たたき洗い」です。

「こすり洗い」は衣類がすれる衝撃で傷みやすいデメリットはあるものの、たたき洗いに比べればタオルなどのふわふわ感を保つことができます。「たたき洗い」は、タオルのパイルが上から下からつぶされてしまうため、本来の形が崩れてゴワゴワになってしまうのです。

タオルのふわふわ感を取りもどす方法のうち、もっとも簡単なのは、乾燥まで洗濯機でおこなうこと。しかし、気になるのは電気代です。

「天日干しでもタオルの肌ざわりをよくしたい」という人は、次の3ステップを試してみてください。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.