2017年2月9日 21:00|ウーマンエキサイト

子どものスキーデビューを成功させる! 子連れスキーを快適に楽しむ5つのコツ

目次

・1. ウエアはあたたかさと着脱のしやすさをチェック
・2. 手袋はミトン型! 滑るならヘルメットは必須
・3. スキー道具は「シーズンレンタル」が便利
・4. ゲレンデはキッズパークとホテル直結がキーポイント
・5. 子どもはキッズスクール、パパ&ママはスキーを楽しむ!
子どものスキーデビューを成功させる! 子連れスキーを快適に楽しむ5つのコツ

冬ならではのレジャーとして家族連れにも人気のスキー。でも、「行ってみたいけれど、初めてだから不安」「何を準備すればいい?」とお悩みのパパ&ママも多いはず。そこで、ファミリースキーを体験したブロガーさんの情報を参考に、子どものスキーデビューを安心&快適に楽しむコツをご紹介します。

■1. ウエアはあたたかさと着脱のしやすさをチェック

子連れスキーを快適なものにするには、なんといっても行く前の準備が大切です。まずは肝心なのがスキーウエア選び

お子さんの年齢がまだ小さく、初めてスキーやソリ遊びをするなら、ウエアはジャンプスーツタイプが安心です。転んだり、雪まみれになって遊んでも雪が入らず、なかもあたたかいのが利点。

インテリア&暮らし系の記事が人気のブログ「welcome to my home!」のayさんは、お子さんが2歳のころから親子スキーを楽しんでいるそうですが、最初はやはりジャンプスーツだったようです。「雪遊びでもすき間から雪が入りにくくてよかった」とayさん。

筆者も子連れスキーを経験していますが、ジャンプスーツはあたたかい上、ファスナーがひざのあたりまで付いているので着脱もラクちんでした。

子どものスキーデビューを成功させる! 子連れスキーを快適に楽しむ5つのコツ

エキサイトブロガー ayさんのブログ『スキー◆子供の道具について ~大前提編~』より


ayさんの場合、お子さんが少し滑れるようになった3歳のころには、トイレの心配からセパレートタイプにしてみたそうですが…。トイレが気になる年齢のお子さんなら、セパレートタイプのほうが着脱しやすいこともあるので、子どもの年齢に応じてウエアを選ぶといいでしょう。

その際でもなるべく雪が入らないように、お尻まで隠れて保温性の高いウエアを選ぶのがポイントです。

インナーは普段着ているものでももちろんOK。ヒートテックなどのあたたかい下着の上にタートル、その上にフリースや裏起毛のトレーナーなどを重ね着すれば寒さ知らずで楽しめます。下はタイツやスパッツを忘れずに。

■2. 手袋はミトン型! 滑るならヘルメットは必須

子どものスキーデビューを成功させる! 子連れスキーを快適に楽しむ5つのコツ

エキサイトブロガー ayさんのブログ『スキー◆子供の小物について』より


ウエアとともに大切なのはスキーの小物選び。ブロガーのayさんはスキー小物についても詳しく紹介していますが、小物はしっかりしたものを選ぶのが肝心だと言います。そのポイントは以下の通り。
・手袋は防水性が高く、ミトンタイプが便利
・雪目にならないようにゴーグルをする
・ケガ予防にヘルメットは必須!
・スノーブーツも防水性をチェック

なかでもいちばん重要なのが手袋。手がぬれてしまうと、「冷たいよ~!」といってモチベーションが下がったり、泣き出してしまいがち…。せっかくの初スキーもいやな思い出となっては残念ですよね。

そうならないためにも、手袋は防水性と保温性の高いもので、手首までしっかり包むものを選んであげましょう。「できれば5本指よりミトン型を!」とブロガーのayさん。小さいお子さんにはミトンのほうがあたたかいのでおすすめです。

手の冷たさは、快適度を左右する大きなポイントになるので、大きさに余裕があれば、なかにもう一枚薄手の手袋をしてあげてもいいかも。紫外線から目を守るためにはゴーグルも忘れずに。

また、転んで頭を打たないようにするのには、ヘルメットも必ずかぶりたいもの。雪遊びぐらいでしたら、ニットの帽子でもいいですが、スキーをするときにはやはりスピードが出るので、ヘルメットをしておくことをおすすめします。

子どものスキーデビューを成功させる! 子連れスキーを快適に楽しむ5つのコツ

エキサイトブロガー ayさんのブログ『スキー◆子供の小物について』より


ヘルメットは自転車用のでもいいですが、スキー用のものは後ろにゴーグルが滑り落ちないような工夫もされているので便利です。それだけでなく、スキー用のヘルメットは耳あてがついていてあたたかいので、「もし、自転車用のヘルメットを使うなら中にニット帽をかぶるか、耳あてを別で用意するとか、耳をカバーする工夫があるといい」とayさんはアドバイスしてくれています。

■3. スキー道具は「シーズンレンタル」が便利

子どものスキーデビューを成功させる! 子連れスキーを快適に楽しむ5つのコツ

エキサイトブロガー ayさんのブログ『スキー◆子供の道具について ~シーズンレンタルという選択肢編~』より


もうひとつ肝心なのがスキー道具ですが、小さいお子さんなら、ソリだけでも楽しめますし、プラスチックスキーを用意しておくだけでもOK。でも、滑ることを目的としているなら、やはり本物のスキーとブーツが必要となります。

その際、初めてならレンタルがおすすめ。子どものうちはすぐにサイズが変わることを思うと、買うのはもったいないし、いまはレンタルスキーが充実しているので、まずはレンタルで足慣らししてみてください。

シーズンに何度か行くという場合は、シーズンレンタルという選択肢もありますよ」とブロガーのayさん。シーズン中は自宅で保管、終わったら返却というサービスがあるそうなので、ぜひチェック。おうちで履いてスキーブーツに慣らすこともできるという点でもよさそうです。
根本厚美
根本厚美の更新通知を受けよう!
確認中
根本厚美
根本厚美の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
根本厚美
根本厚美の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
根本厚美
根本厚美をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
根本厚美
根本厚美の更新通知が届きます!
フォロー中
根本厚美
根本厚美の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.