ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

2018年10月11日 16:00
 

ism編集部 ライター
ism編集部

目次

・ベビーパウダーの成分って?
・ベビーパウダーの使い方
・ベビーパウダーがメイクに使えるって本当?
・まだまだある!ベビーパウダーの使い道
・人気のベビーパウダー7選
・ベビーパウダーで肌も心も快適になろう!
ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©Sato310 - stock.adobe.com


赤ちゃんの肌をあせもやべたつきから守るベビーパウダーですが、大人も使える便利アイテムだってご存知ですか?

ベビーパウダーは服が白く汚れたり、粉が舞い上がって咳こんだりするイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、今は固形タイプもあり、とても使いやすくなっているんですよ。

赤ちゃんの成長とともに使用頻度が低くなりがちなベビーパウダーが、使い道を知ることで手放せないメイクアイテムに大変身することも! もし現在赤ちゃんにベビーパウダーを使っていたり、自宅に使わなくなったものが余っていたりしていたら、ぜひ試してみてくださいね。

■ベビーパウダーの成分って?

ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©GVictoria - stock.adobe.com


ベビーパウダーは、主に2つの成分からできています。

1つ目は「タルク」といわれる石を粉状にしたもので、細かい粒子が肌をなめらかに仕上げてくれます。大人のべたつきがちな肌も、サラッとした手触りのよい状態に導いてくれるのが特徴です。

2つ目は「コーンスターチ」です。お菓子作りなどにも使用される、植物性でんぷん(原料はトウモロコシ)。食用にできるほど安全性が高く、肌への伸びを良くする働きがあります。ベビーパウダー以外にもファンデーションや乳液、フェイスパックの成分としても広く使われています。


■ベビーパウダーの使い方

ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©cloud7days - stock.adobe.com


ベビーパウダーは、肌の汗ばむ箇所に使用することが多いですよね。毎日使用すれば、さすがにパフだって汚れてしまいます。そこで、パフは定期的に洗って清潔な状態をキープしてくださいね。

▼赤ちゃんにベビーパウダーを使うときの注意点


ベビーパウダーを使用したことのあるママなら、空気中に舞ってしまったパウダーを吸い込んでしまい、むせた経験があるのでは? 赤ちゃんに同様なことが起きないように、大人の肌で粉を落としてから、赤ちゃんの肌にやさしくパウダーを付けるとよいでしょう。

■ベビーパウダーがメイクに使えるって本当?

ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©Kittiphan - stock.adobe.com


ベビーパウダーを購入したことのある方なら、コスパの良さはご存知でしょう。肌への密着度が高いため、1回に使用する量も少なくすみます。そのため「赤ちゃんのために購入して使っていたら、余ってしまった」というママも多いいのではないでしょうか? そこでおすすめしたいのが、ママも赤ちゃんと一緒に使うこと。

ベビーパウダーは、赤ちゃん用としてだけでなく、女性のメイクアイテムとしても活用できるんです。赤ちゃんに使用する優しい成分なので、デリケートな肌質の方にも重宝されています。

ただし、乾燥が気になるときは様子を見ながら使うことをおすすめします。

▼ファンデーションとして


ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©milatas - stock.adobe.com


毎日赤ちゃんと一緒に過ごすママは、自宅や自宅周辺での行動が多いですよね。「お散歩だけなのにしっかりメイクするのはめんどくさい。でも、メイクしないとテカリや肌の印象が気になる…」。そんなときに、ベビーパウダーを付けることで、簡易的なファンデーションとして役立ってくれるんです。

化粧崩れやテカリをササっと塗るだけで抑えてくれるので、忙しいママたちにもおすすめです! 

▼リップに


ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©deagreez - stock.adobe.com


今まで使用していたリップの上にベビーパウダーをのせるだけで、リップカラーの発色を抑えられ、マットで大人っぽい印象になります。

「色合いがちょっぴり派手かな…」というときには、ベビーパウダーをプラスすることで、色味をおさえられ、落ち着いた唇に仕上がりますよ。付け方は、リップもベビーパウダーも指でトントンとのせるイメージです。

▼まつげメイクに


ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©夢見る詩人 - stock.adobe.com


まつげに自然なボリュームを出したいときにも、ベビーパウダーが活躍します。赤ちゃんが小さいうちは、つけまつげを装着する時間も、マツエクに行く時間も確保しにくいですよね。しかし、ベビーパウダーを使えば、時間をかけることなく手軽にボリューミーなまつげが完成しますよ。

付け方は「マスカラ→ベビーパウダー→マスカラ」の順で、まつげにのせていくだけ。ベビーパウダーが繊維の代わりとなり、まつげをボリュームアップしてくれる働きがあります。目にパウダーが入らないように、綿棒などを使用して注意しながら挑戦してください。

▼仕上げのお粉として


ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©yavdat - stock.adobe.com


ベビーパウダーを仕上げのお粉として使用することも可能です。肌のきめ細かさを持続し、汗や皮脂を吸着してくれるのでメイクが崩れにくくなります。メイク直しをするときも、パタパタと軽くベビーパウダーを叩くとよいでしょう。

▼ブラシのお手入れに


ベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく大人にも! 便利な使い道とは?

©igishevamaria - stock.adobe.com


メイクブラシを利用している人は、ブラシについたホコリや汚れを落とすために、定期的な掃除が必要ですよね。ベビーパウダーがあれば、簡単にブラシのお手入れができるんです。

たっぷりのベビーパウダーを入れた袋にメイクブラシを入れて、ブラシにパウダーを密着させます。そして、コームでブラシのベビーパウダーを落とせば、ブラシにメイク汚れが付きにくくなりますよ。また、ブラシのフサフサとした心地よさも持続します。

<関連記事>


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.