2019年12月17日 16:00|ウーマンエキサイト

夫とは口喧嘩ばかり…幸せな家庭が壊れかけていく【わたしの糸をたぐりよせて 第1話】

宇野未悠
ライター
宇野未悠
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
わたしの糸をたぐりよせて

わたしの糸をたぐりよせて

「いつか自分のブランドを出したい」。そんな想いを抱いていた学生時代。でも希望の就職先にはことごとくふられ、入社できた会社で出会った亮。結婚して、子どもが生まれて、私は幸せになれると思ったのに…。私の…

『わたしの糸をたぐりよせて』 

※このお話はフィクションです



■私がこれまで紡いできたもの

――201×年、三月。もう少しで桜が咲きそうな暖かい日の夜。
私は、もうすぐ幼稚園に入園する息子、悠斗の園グッズを手作りしていた。

「うわぁ~、ママってホントにすごいすごい~」

「すごいでしょ。ママ、こういうの得意なんだ」

悠斗は、目をキラキラさせながらできたての登園バッグを肩にかける。

そこへ、ピンポーンとオートロックのチャイムが鳴る。

「あ、パパだ! おかえり~」

いつの間にか、オートロックの開け方を覚えた悠斗がパパを迎え入れていた。
(もう、鍵持ってるんだから自分で開けたっていいじゃない)
私は心のなかでパパへの小さな不満をつぶやいた。

「友里、悠斗、ただいま」

「おかえりなさい。今、ちょっと手が離せないからテーブルの上のごはん、レンジであっためて食べてくれる?」

私はソーイングセットを片付けながらパパに呼びかける。

「えー、稼いできてくれる感謝はないわけ~」

着替えに寝室に引っ込んだ夫を悠斗が作ったばかりのバッグを見せたくて追いかける。

寝室から、父と子の会話がうっすら聞こえてくるけど、一向に出てこない。使ったばかりの糸をしまおうと、色とりどりの糸が詰まったボックスに手を伸ばすと、そこに鮮やかなセルリアンブルーの手織り糸が目に入った。胸の奥でチクンと音が鳴った気がしたが、気が付かないふりをして、夫のために夕食を温めだした。

「あれ? 用意してくれたんだ。少しは気が利くじゃん」

「なにそれ亮くん」
夫が私を見下すような発言をするー『わたしの糸をたぐりよせて』 
私は反射的にそんな返事をしてしまう。

「バッグ見たよ。なかなかの力作じゃない。でもさぁ、もう手作りじゃなくてもいいんじゃないの? コストとか考えると既製品のほうが安いでしょ?? 」

「そうでもないよ。悠斗の好きな刺繍入れられるし、マチの大きさとか扱いやすさを考えると作ったほうが……」

「だいたい、女はいいよなぁ。家のことさえやってれば済まされるってフシがある上にここは友里の地元じゃん。うらやましいよ」

「えっ……!?」

「ごちそうさま、風呂入ってくる」

そういうと、パパ……もとい、亮くんはリビングを出てしまった。

何言ってるんだろ……私が仕事を辞めたの、元はと言えば亮のせいじゃない!
私は、そう言いたかったけど、言葉を飲み込んだ。



宇野未悠
宇野未悠の更新通知を受けよう!
確認中
宇野未悠
宇野未悠の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
宇野未悠
宇野未悠の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
宇野未悠
宇野未悠をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
宇野未悠
宇野未悠の更新通知が届きます!
フォロー中
宇野未悠
宇野未悠の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.