くらし情報『サンタクロースを撮り続ける写真家・角田明子の写真展が東京と大阪2会場で開催』

2015年12月15日 10:00

サンタクロースを撮り続ける写真家・角田明子の写真展が東京と大阪2会場で開催

角田明子による写真展「ノルウェーのサンタさんを訪ねて」がGALLERY MUVEILにて開催

角田明子による写真展「ノルウェーのサンタさんを訪ねて」がGALLERY MUVEILにて開催

フォトグラファー・角田明子による写真展「ノルウェーのサンタさんを訪ねて」が、12月15日から25日まで東京・青山にあるミュベール(MUVEIL)の旗艦店GALLERY MUVEILにて開催される。

角田明子は「穏やかで優しい時間と希望の光」をテーマに、広告や雑誌、CDジャケットなどを手掛けるフォトグラファー。プライベートワークとして、サンタクロースを撮り続けている。

同展では、そんな角田明子が昨年、友人のサンタクロースを訪ねたノルウェーでの旅の様子を写した数々の作品を出展。ノルウェー語でユーレニッセン(Juleniss=妖精)と呼ばれるサンタクロースは、小柄な姿で農家の納屋に住むとされており、家や土地の守り神として国民から愛されている。今回は、角田明子がそんなユーレニッセンたちから教わったクリスマスの過ごし方や、旅で出会ったノルウェーの美しい情景を紹介。なお、写真の展示に合わせて、写真集やグッズの販売も行われる。

また、12月11日から25日まで、大阪では異文化体験スペース・SAAにて、「サンタさん in OSAKA」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.