くらし情報『アンディ・ウォーホルから奈良美智まで、総勢51作家の現代アートに触れる展覧会が平塚市美術館で開催!』

アンディ・ウォーホルから奈良美智まで、総勢51作家の現代アートに触れる展覧会が平塚市美術館で開催!

2018年4月6日 14:00
 

平塚市美術館では、実業家・田口弘が収集した国内有数の現代美術コレクションの中から約70点を紹介する企画展「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 アンディ・ウォーホルから奈良美智まで」を、4月21日から6月17日まで開催する。

アンディ・ウォーホルから奈良美智まで、総勢51作家の現代アートに触れる展覧会が平塚市美術館で開催!
クリスチャン・ローザ《OHNE TITLE》2014年© Jonas Burgert Image courtesy of the Artist and Blain|Southern Photo: Lepkowski Studios, 2017
タグチ・アートコレクションは、実業家の田口弘が収集した国内有数の現代美術コレクション。400点を超えるコレクションはさまざまな出身地のグローバルに活躍する作家たちの作品からなり、いまの美術の動向を一望することが出来る。本展では、コレクションの中から2000年代に制作された作品を中心に、現代の美術作品を約70点を紹介する。

アンディ・ウォーホルから奈良美智まで、総勢51作家の現代アートに触れる展覧会が平塚市美術館で開催!
マシュー・バーニー《Ms. グッドヤー》1995年
© Matthew Barney
現代の美術の特徴の一つに、作品の中に「美術とは何か」という自己言及性を抱えていることが挙げられる。アンディ・ウォーホルのように広告やアニメーションのイメージを取り込んだり、あるいは、過去の巨匠の作品を引用したりしながら、「私の考える美術」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.