くらし情報『エムエム6 メゾン マルジェラ 2021年秋冬コレクション - 変容するウェア、“リバース”の発想』

2021年3月11日 14:40

エムエム6 メゾン マルジェラ 2021年秋冬コレクション - 変容するウェア、“リバース”の発想

エムエム6 メゾン マルジェラ 2021年秋冬コレクション - 変容するウェア、“リバース”の発想

エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)は、2021-22年秋冬コレクションを発表した。

“リバース”をキーワードにウェアを再解釈
キーワードは“リバース”。裏表、上下、前後など様々な角度から“反転”させて再解釈することで、既存のウェアを一度リセット。慣れ親しんできたアイテムを新たなものへと変容させている。

この“反転”のアイディアや破壊、復元、再生のプロセスは、フランスの前衛作曲家、エリック・サティの実験的コードやリズムをはじめ、多様なアートからもインスピレーションを得ているという。マルセル・デュシャンのレディメイド、ジョン・ケージの環境音、アンディ・ウォーホルの広告、ポップアートなど、いずれも既成概念を問い直し、反転させるようなクリエイティビティが着想源となっている。

裏と表の概念を反転
裏仕立てのウェアは、洋服の構造を浮き彫りにする。デニムジャケットやデニムパンツは、折り返しの部分や縫い合わせた継ぎ目がアクセントに。チェスターコートやテーラードジャケット、ライダースジャケットは、裏地が剥き出しとなっており、表と裏の概念そのものを反転させている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.