くらし情報『落合陽一らと表現する“日常に洋服がもたらす力”。AFWT初参加、鈴木えみによるLautashi【INTERVIEW】』

2018年10月15日 21:30

落合陽一らと表現する“日常に洋服がもたらす力”。AFWT初参加、鈴木えみによるLautashi【INTERVIEW】

約20年に渡り第一線でモデルとして活躍してきた鈴木えみが、2017年に立ち上げたブランド、ラウタシー(Lautashi)。4シーズン目となる2019年春夏は、10月15日に幕を開けた「Amazon Fashion Week TOKYO 2019 S/S」のオフィシャルスケジュール内に、ブランド初の試みとしてインスタレーションでコレクションを発表する。

落合陽一らと表現する“日常に洋服がもたらす力”。AFWT初参加、鈴木えみによるLautashi【INTERVIEW】

鈴木えみがモデルというキャリアを通じ、身にまとうことによって変化する気持ち、感じる喜びや楽しみを投影させることによって生み出されるLautashi。インスタレーションは、メディアアーティストの落合陽一と、認知科学をバックボーンに持つサウンドアーティストのKAITO SAKUMA a.k.a BATICを巻き込んで行われる。いわゆるランウェイをモデルが歩くショーではなくインスタレーションを選択したのは、Lautashiが“日常着”であり続けたいからだと語る鈴木えみ。10月18日の本番を直前に控えた今、何を感じ、考えているのだろうか。

落合陽一らと表現する“日常に洋服がもたらす力”。AFWT初参加、鈴木えみによるLautashi【INTERVIEW】

――なぜ、インスタレーションで発表するのですか?
友人の紹介でAmazon Fashionの“AT TOKYO”プログラムにエントリーしてみないかと声をかけられたのがきっかけです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.