くらし情報『映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』リュック・ベッソン監督、28世紀の宇宙が舞台のSF大作』

2016年11月15日 17:50

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』リュック・ベッソン監督、28世紀の宇宙が舞台のSF大作

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』リュック・ベッソン監督、28世紀の宇宙が舞台のSF大作

リュック・ベッソン(Luc Besson)監督の最新作、映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が、2018年3月30日(金)より全国ロードショー。

原作は、SFコミックの金字塔『ヴァレリアンとローレリーヌ』
『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、「スター・ウォーズ」シリーズにも多大な影響を与えた、SFコミックの金字塔『ヴァレリアンとローレリーヌ(Valerian and Laureline)』を実写化した作品だ。舞台は28世紀の宇宙。ストーリーは、2人の政府の特別工作員が、宇宙の平和を維持するため銀河間都市アルファを調査しに行くシーンで幕を開ける。

見どころは、人智を超えた複雑なストーリーと、圧倒的な映像美だろう。700年後の宇宙空間やそこに棲む不思議な生き物たちが織り成す幻想的な世界は、リアルに再現されていながらも、現実を超えるほどの美しい光や色で、観るもの引き込む。

巨匠リュック・ベッソンのSF大作
監督を務めるリュック・ベッソンは、『グラン・ブルー』『ニキータ』『レオン』などの映画史に残る名作から、近年では『ルーシー』など、数々のヒット作を手掛けてきた。得意とするSF作品をどのように描くかに注目が集まる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.