くらし情報『映画『きっと、いい日が待っている』デンマークで2人の幼い兄弟が起こした愛と奇跡の物語を映画化』

2017年6月24日 12:00

映画『きっと、いい日が待っている』デンマークで2人の幼い兄弟が起こした愛と奇跡の物語を映画化

映画『きっと、いい日が待っている』デンマークで2人の幼い兄弟が起こした愛と奇跡の物語を映画化

映画『きっと、いい日が待っている』が、2017年8月5日(土)より全国ロードショー。

本作は、1967年、デンマークで2人の幼い兄弟が起こしたある愛と奇跡の物語を映画化したもの。舞台は、コペンハーゲンの養護施設。病気の母親から引き離され、”しつけ”という名の体罰が横行する施設に暮らす2人が、絶望と恐怖に立ち向かう様を描いた。2人の絆や、力強い眼差し、そして夢を追い続ける純粋さは、観るものに勇気を与えるだろう。

本作のために、デンマークで史上最高視聴率を記録したテレビドラマ「THE KILLING/キリング」の制作スタッフとキャストが集結。デンマーク・アカデミー賞2017では、最多となる6部門を総嘗めするなど、実力派の製作陣による話題の作品だ。

監督を務めるのは、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のイェスパ・W・ネルスン。カンヌ国際映画祭の最高賞の受賞暦も持つデンマークの名監督ラース・フォン・トリアー率いる製作会社、ツェントローパの次世代を担う俊英だ。

■ストーリー
1967年、コペンハーゲン。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.