くらし情報『アニメ映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』絵本「スノーマン」の著者が両親を描いた伝記絵本を映画化』

2018年11月4日 19:10

アニメ映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』絵本「スノーマン」の著者が両親を描いた伝記絵本を映画化

アニメ映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』絵本「スノーマン」の著者が両親を描いた伝記絵本を映画化

アニメーション映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、2019年9月28日(土)より東京・神保町の岩波ホールほかにて全国順次公開される。

レイモンド・ブリッグズの『エセルとアーネスト』をアニメ映画化
原作は、『スノーマン』『風が吹くとき』などの名作で知られるイギリスの絵本作家、レイモンド・ブリッグズが自身の両親について描いた絵本『エセルとアーネスト』。激動の20世紀を生きた一組の平凡な夫婦の40年にわたる人生を描いた、心暖まる本当の物語だ。

あらすじ
1928年ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドだったエセルは恋に落ち、結婚し、ウィンブルドンに小さな家を構える。最愛の息子レイモンドの誕生と成長、第2次世界大戦中の苦難の日々にも、二人は寄り添い、笑いあうことを忘れない。戦後の経済発展が進む中、静かに忍び寄る老い・・・しかしいつもエセルの横にはアーネストがいた。激動の20世紀を生きた庶民の歴史を、暖かなまなざしで描いた感動の物語。

『スノーマンとスノードック』のロジャー・メインウッドが監督
監督を務めたのは、癌のため2018年9月20日に65歳で惜しまれながらこの世を去ったロジャー・メインウッド。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.