くらし情報『凍った運河にぬいぐるみを落とし、あきらめかけていた親子 続く展開にほっこり』

2021年2月8日 11:56

凍った運河にぬいぐるみを落とし、あきらめかけていた親子 続く展開にほっこり

@NCC_Skateway

カナダ・オタワに住むブレンダ・デュークさんは3人の息子を連れて運河沿いを散歩していた時のこと。

4歳のニコくんはお気に入りの子ジカのぬいぐるみ『ルドルフ』を持って歩いていました。

すると2歳のサンティアゴくんがルドルフをつかんで、凍った運河に投げ入れてしまったのです。

ルドルフは防護柵のすぐ下に落ちました。運河は氷が厚くなるとスケートリンクとして開放されますが、その日の氷はまだ薄く、降りて取りに行くことは危険でした。

海外メディア『CDC』によると、ブレンダさんがそのことをニコくんに説明すると彼は涙を流していたといいます。

それから親子は毎日、ルドルフの様子を見に行きます。幸い落ちた場所のすぐそばに『2.2㎞』というサインがあったため、場所は常に確認できました。

しかし日に日にルドルフの上に雪が積もって行き、数日後にはルドルフの姿はすっかり雪に覆われてしまいます。

「ぬいぐるみを見つけてほしい」と投稿すると?

ニコくんのためにルドルフを取り戻してあげたいと思いながらも、ブレンダさんは「誰にも迷惑をかけたくないし、誰も気にしてくれないだろう」と思っていたのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.