くらし情報『映画『サムライマラソン』主演・佐藤健で土橋章宏「幕末まらそん侍」実写化、“行きはマラソン帰りは戦”』

2018年12月17日 17:20

映画『サムライマラソン』主演・佐藤健で土橋章宏「幕末まらそん侍」実写化、“行きはマラソン帰りは戦”

映画『サムライマラソン』主演・佐藤健で土橋章宏「幕末まらそん侍」実写化、“行きはマラソン帰りは戦”

映画『サムライマラソン』が、2019年2月22日(金)に全国の劇場で公開される。

土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』を実写映画化
原作は、160年以上に渡り受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』。時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明(いたくら・かつあきら)は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足(とおあし)を開催する。日本のマラソンの発祥といわれる出来事だ。

行きはマラソン、帰りは戦
「優勝者はどんな願いでも叶えられる」という夢のような大会に参加し、様々な思いを胸に走る侍達。しかし、とある行き違いによりこの動きが幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれてしまう。やがて危機を察知した彼らは、迫りくる幕府の刺客に立ち向かうために一致団結し、勝つためではなく守るために走り出す。

主演・佐藤健、共演に小松菜奈、長谷川博己、森山未來ら
主演の佐藤健が演じるのは、平凡な侍の姿を借りて幕府のスパイとして藩に潜入する忍び・唐沢甚内(からさわ・じんない)。藩に迫る危機をいち早く察知し、戦いを止めるために遠足に参加し奔走する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.