くらし情報『北海道・星野リゾート トマム「雲海テラス」の新展望スポット“クラウドバー”眼下の絶景を眺める特等席』

2019年7月26日 11:20

北海道・星野リゾート トマム「雲海テラス」の新展望スポット“クラウドバー”眼下の絶景を眺める特等席

北海道・星野リゾート トマム「雲海テラス」の新展望スポット“クラウドバー”眼下の絶景を眺める特等席

北海道最大級の滞在型スノーリゾート「星野リゾート トマム」内の「雲海テラス」に、新スポット「クラウドバー(Cloud Bar)」が、2019年7月23日(火)にオープン。

「雲海テラス」とは
「雲海テラス」は、2006年に開業し、2018年夏には累計来場者数が100万人を突破した人気展望施設。トマム山の標高1,088メートル、ゴンドラに乗り片道約13分の場所に位置するこの施設では、気象条件が揃った時に流れ込むダイナミックな雲海を鑑賞することができる。営業期間中は約40パーセントの確率で雲海が発生し、来訪者は幻想的な景色を間近で眺めることが可能だ。

眼下の絶景を眺める特等席「クラウドバー」
この「雲海テラス」に新しく登場するのが、眼下に広がる雲海を眺めながら雲に浮かんでいるような体験ができる、バーカウンターをイメージした展望スポット「クラウドバー」だ。山の斜面に接する道に、高さ3メートルの椅子と長さ13メートルのカウンターを設置した。椅子は1名用が3脚、2名用が2脚の合計5脚、同時に最大7名が利用できる。

椅子についているハシゴを登り、椅子に座ると、目の前にはダイナミックな雲海と山々の景色が広がる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.