くらし情報『「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」三重県総合博物館で、『耳をすませば』原画など500点以上展示』

2019年8月9日 17:55

「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」三重県総合博物館で、『耳をすませば』原画など500点以上展示

「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」三重県総合博物館で、『耳をすませば』原画など500点以上展示

「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」が、2019年9月16日(月祝)まで、三重県総合博物館にて開催される。

「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」では、高畑勲宮崎駿から厚く信頼を寄せられた日本屈指のアニメーター・近藤喜文を特集する。

アニメ制作の第一線で活躍するとともに、その丁寧で繊細な絵は、多くのアニメーターに影響を与えてきた。近藤喜文は、高畑勲が手掛けた『赤毛のアン』『火垂るの墓』など、日本のアニメーション史に残る名作において作画監督やキャラクターデザインを担当。1995年には『耳をすませば』で初めて長編アニメーション映画の監督を務めた。

会場には、スタジオジブリの全面的な協力のもと、アニメーションの原画やイメージボード、スケッチなど、500点以上が集結。企画だけで成立しなかった作品のラフスケッチや、『魔女の宅急便』のイメージボード、『紅の豚』や『もののけ姫』などの原画、『耳をすませば』の絵コンテ、キャラクター設定、セル・背景原画など、作品の裏側を感じられる、貴重な資料を揃える。

その他、原画をパラパラできる体験コーナーや、撮影コーナーなども設置される。

【開催概要】
この男がジブリを支えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.