くらし情報『山本直樹の漫画『ファンシー』永瀬正敏や窪田正孝で映画化、三角関係で巻き起こる“愛と暴力”の物語』

2019年11月1日 13:10

山本直樹の漫画『ファンシー』永瀬正敏や窪田正孝で映画化、三角関係で巻き起こる“愛と暴力”の物語

山本直樹の漫画『ファンシー』永瀬正敏や窪田正孝で映画化、三角関係で巻き起こる“愛と暴力”の物語

映画『ファンシー』が、2020年2月7日(金)にテアトル新宿ほかにてロードショー。

山本直樹による短編漫画『ファンシー』を実写化
原作は、第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞の受賞経験を持つ山本直樹による短編漫画『ファンシー』。彫師の郵便配達員と詩人、そして詩人のファンの女性を巡って奇妙な三角関係が巻き起こる“愛と暴力”を描いた作品だ。

ストーリー

とある地方の寂れた温泉街。時が止まったように昭和の面影を色濃く残すこの町で彫師稼業を営む鷹巣明は、昼間は郵便配達員として働き、町外れの白い家に住む若き詩人にファンレターを届けている。一日中サングラスをかけている謎めいた鷹巣と、ペンギンと呼ばれる浮世離れしたポエム作家はなぜかウマが合い、毎日たわいない雑談を交わしていた。

そんなある日、ペンギンのもとに彼の熱狂的なファンである月夜の星という女子が「妻になりたい」と押しかけてくる。折しも地元の町では、ヤクザの抗争など血生臭い出来事が続発。やがてニヒルで粗暴な鷹巣、ロマンティストで性的不能のペンギン、少女のように夢見がちな月夜の星が陥った奇妙な三角関係は、激しく危うげに捻れていくのだった……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.