くらし情報『展覧会「生誕135年 竹久夢二展」京都・横浜・大阪・日本橋の髙島屋で、厳選約150作品を集積』

2020年1月23日 17:00

展覧会「生誕135年 竹久夢二展」京都・横浜・大阪・日本橋の髙島屋で、厳選約150作品を集積

展覧会「生誕135年 竹久夢二展」京都・横浜・大阪・日本橋の髙島屋で、厳選約150作品を集積

展覧会「生誕135年竹久夢二展 -幻想の美秘められた謎-」が、京都髙島屋、横浜髙島屋、大阪髙島屋、日本橋髙島屋S.C.で開催。2020年3月4日(水)にスタートする京都髙島屋会場を皮切りに、順次各会場で開催される。

大正ロマンを象徴する詩人画家・竹久夢二の展覧会
「生誕135年竹久夢二展 -幻想の美秘められた謎-」では、美術史家・竹久夢二学会会長である高階秀爾監修のもと、夢二郷土美術館の所蔵作品を中心に、厳選した約150点の竹久夢二の作品を、全4章で構成し展示。アメリカ西海岸滞在中に夢二が新たな画境を求めて描いた《西海岸の裸婦》と《花衣》が、夢二郷土美術館外で初めて揃って公開されるなど、貴重なラインナップを揃える。

第1章 樹下美人から海辺の裸婦へ
第1章では、“夢二式美人”と言われる女性像の作品を中心に、夢二の画業を辿る。S字ラインの身体に心情を表す目・手・足を描く、夢二が切り拓いた新しい美人画の数々を用意する。また、本展の中心作品であり傑作と称される《西海岸の裸婦》も、この章で展示する。

第2章 遥かな国 夢の世界
大正ロマン時代における夢二が憧れた幻想世界や、異国情緒を反映した作品は第2章で展観。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.