くらし情報『岡崎京子の漫画『ジオラマボーイ・パノラマガール』映画化、東京で生きる少年少女のラブストーリー』

2020年5月4日 15:00

岡崎京子の漫画『ジオラマボーイ・パノラマガール』映画化、東京で生きる少年少女のラブストーリー

岡崎京子の漫画『ジオラマボーイ・パノラマガール』映画化、東京で生きる少年少女のラブストーリー

岡崎京子の漫画『ジオラマボーイ・パノラマガール』が実写映画化。2020年秋に全国公開される。

岡崎京子の漫画が実写映画化
岡崎京子の漫画『ジオラマボーイ・パノラマガール』は、自分が何者なのか何が欲しいのかもよくわからない10代の女の子が、同じようにまだ何者でもない男の子に出会い、じたばたしながら思いをとげる姿を描いたラブストーリー。恋に恋する“パノラマガール”と、恋に戸惑う“ジオラマボーイ”が、日々目まぐるしく変化する東京の街を駆け巡る。

漫画『ジオラマボーイ・パノラマガール』が刊行されたのは1989年。バブル崩壊を目前にした平成元年された名作が、時を経て令和となり、リアリティーとファンタジーが共存する軽やかな映画作品として、現代に蘇る。

映画の中で描かれているのは、スクラップ&ビルドを繰り返す東京や、未来の見えない不安の中でも今日を生きる若者たち。近未来的な風景と昭和の匂いが残る風景の落差が、かつて夢見られたはずの未来と、もう戻ることのできない過去の姿と重なり、東京で生きる人々の現在を照らし出している。

時代は違えど、その様子は、まるで現代を生きる若者たちの姿を投影しているかのよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.