くらし情報『バリーから"B"の文字がモチーフのメタルパーツをあしらったバッグやシューズが登場』

2020年10月12日 15:20

バリーから"B"の文字がモチーフのメタルパーツをあしらったバッグやシューズが登場

バリーから"B"の文字がモチーフのメタルパーツをあしらったバッグやシューズが登場

バリー(Bally)の2020年秋冬コレクションから、ブランドの新シグネチャー「1851ハードウェア」を用いた「Vestigeコレクション」が登場し、バッグやシューズが発売される。

締め具のようなメタルパーツが煌めく
「Vestigeコレクション」は 、バリーのクラフトマンシップの伝統に敬意を表し、1851年から続く卓越した技術を祝福するコレクションだ。締め具のようなルックスのメタルパーツ「1851ハードウェア」が目を惹くバッグやシューズが登場する。

新シグネチャー「1851ハードウェア」
"B"の文字が連結されたシグネチャー「1851ハードウェア」は、バリーの創業年である1851年に敬意を表して生み出された。そんなアイコニックな新シグネチャーが、メタルパーツとなって、新シーズンのバッグやシューズを引き立てる。

チェーンストラップ付きミニバッグ
ベストセラーのウィメンズ向けショルダーバッグ「Viva」にも、メタルパーツとなった「1851ハードウェア」が、マグネット式のクロージャーや、レザーとチェーンのスライド式のショルダーストラップに採用されている。表面にはステッチで模様があしらわれているため、アクセサリーとしての役目も果たしてくれそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.