くらし情報『シャネル 2021/22年秋冬 プレタポルテ コレクション - “ランウェイは私のもの”』

2021年3月14日 16:00

シャネル 2021/22年秋冬 プレタポルテ コレクション - “ランウェイは私のもの”

シャネル 2021/22年秋冬 プレタポルテ コレクション - “ランウェイは私のもの”

シャネル(CHANEL) 2021/22年秋冬 プレタポルテ コレクションがデジタル上で発表された。長年シャネルのショー会場であったグラン・パレから一変、今季はパリの伝説的クラブ「カステル」を舞台にした、新たなる物語を繰り広げる。

故 カール ラガーフェルドの話を着想源に
アーティスティック ディレクターのヴィルジニー ヴィアールの着想源となったのは、故 カール ラガーフェルドが生前に話してくれたという、遠い昔のショーの物語。舞台裏に集まるモデル達は、自ら着替え、メイクアップを施したうえでランウェイへと繰り出していく――。そんな彼女たちの様子に想いを馳せたヴィアールは、螺旋階段が印象的なクラブ「カステル」を舞台に、モデルが“自分たちのため”にショーを行う、楽しくもセンシュアルなガールズナイトを演出した。

コントラストをきかせたスタイリング
今宵限りのランウェイとなった螺旋階段を駆け巡り、広間で堂々と闊歩するモデル達。彼女たちが纏う秋冬のワードローブは、まるで無邪気にファッションを楽しむかのごとく、シルエットや素材にユニークなコントラストをきかせているのが印象的だ。

例えば、踝までゆったりと流れるロングコートは、素足を大胆にみせたスタイリングながら、足元にはボリューム感たっぷりのフェイクファーブーツがスタンバイ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.