くらし情報『映画『Summer of 85』フランソワ・オゾン最新作、美しき少年たちのひと夏の初恋物語』

2021年3月28日 19:00

映画『Summer of 85』フランソワ・オゾン最新作、美しき少年たちのひと夏の初恋物語

当初アレックス役としてオーディションを受けるも、オゾンによってダヴィド役に抜擢された。ダヴィドは、母親が切り盛りする船具店で働く18歳。アレックスとは対照的に、アグレッシブで刹那的な生き方をしている。彼とは深い愛情で結ばれるも、不慮の事故で命を落としてしまう。

ケイト(=フィリッピーヌ・ヴェルジュ)
アレックスが海辺で知り合う21歳の女性。明るく親しみやすい性格だが、やがてアレックスとダヴィドの関係に亀裂が生じるきっかけとなってしまう。演じるフィリッピーヌ・ヴェルジュは、ベルギーとイギリスにルーツを持つ若手女優。

<その他キャスト>
ゴーマン夫人(=ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ):夫が残した船具店を営むダヴィドの母。息子の“親友”アレックスを気に入り、可愛がっている。
ロビン夫人(=イザベル・ナンティ):家庭を守るアレックスの母。ダヴィドと出会い次第に変わっていく息子を、心配そうに見守っている。
ルフェーヴル先生(=メルヴィル・プポー):アレックスの進路指導の先生。悩める彼をサポートすべく優しく寄り添う。

作中の音楽には80年代を代表する名曲の数々
劇中には、THE CUREの「In Between Days」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.