くらし情報『「同性カップルです」と不動産会社に伝えた青年 対応に驚いた理由とは?』

2021年12月1日 18:37

「同性カップルです」と不動産会社に伝えた青年 対応に驚いた理由とは?

※写真はイメージ

2021年12月現在、人それぞれ好みがあるように、 セクシュアリティについても、多様性が尊重されるような社会に変化しています。

ゲイやレズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダー以外にも、さまざまなセクシュアルマイノリティが存在していて、最近では『LGBTQ+』や『SOGI』と呼ばれることが増えてきました。

いと(@yawayorozu992)さんは、セクシュアルマイノリティの青年。

パートナーと同棲するために、不動産会社へ行きました。

自分のセクシュアリティを話すことに抵抗があった、いとさんは、「友人同士のルームシェアです」と伝えて部屋を探しますが、なかなか決まりません。

そこで、正直に同性カップルということを明かすと…。


すぐに、審査が通ったのです!

セクシュアルマイノリティを告白するのは、勇気が必要だったのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.