くらし情報『保冷剤を○分当てると凍傷に…? 実験結果に「ゾッとした」「コレは危ない」』

2023年7月26日 12:00

保冷剤を○分当てると凍傷に…? 実験結果に「ゾッとした」「コレは危ない」

※写真はイメージ

暑い夏に便利な保冷剤。首や脇など、保冷剤をつけて体を冷やしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、その保冷剤が思わぬトラブルの元になることをご存じでしょうか。実は、保冷剤を適切に使用しないと、凍傷の事故を起こす可能性があるようです。

使い方を一歩間違えると…

保冷剤は、食品を新鮮に保つためや、暑さ対策として体を冷却するなど、多岐にわたる用途で活用されています。しかし実は、保冷剤を使った時の凍傷事故も発生しているのだそう。

東京都の消費生活に関わる情報サイト「東京くらしWEB」では、保冷剤の安全な使い方について発信しています。

同サイトによると、ぎっくり腰になった人が患部を冷却するために自宅にあった保冷剤を当てたところ、凍傷になってしまったという事故事例があるのだとか。
その保冷剤をよく見ると、なんとマイナス17℃まで下がるものだったのだそう。

マイナス17℃は、かなり低温ですよね。東京都では、保冷剤の冷却効果がどれぐらい影響するのか、下記の実験を行っています。

検体Aと検体Bの表面温度を約30分ごとに計測したところ、60分後に検体Aはマイナス5℃以上になったのに対し、検体Bは、180分後でもマイナス10℃以下を保持していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.