くらし情報『『鼻につく』の意味を解説! 英語表現や例文、使い方も』

『鼻につく』の意味を解説! 英語表現や例文、使い方も

目次

・『鼻につく』の意味・英語表現
・意味
・英語表現
・『鼻につく』の使い方
・例文その1
・例文その2
・例文その3
・『鼻につく』の類語とその使い分け
・鼻持ちならない
・虫唾が走る
・癪(しゃく)に障る
・『鼻につく』話し方をする人とうまく関わる方法
・感情的にならずに聞き流す
・適度な距離感を保つ
・『鼻につく』以外の『鼻』のつく慣用句を紹介
・『鼻につく』の意味を正しく理解しよう
※写真はイメージ

あなたは、『鼻につく』という言葉を見聞きした経験はありますか。『鼻につく』とは、人の振る舞いなどがうっとうしく感じられる様子を表す慣用句です。

この記事では、『鼻につく』の意味や例文、英語表現などを紹介します。『鼻につく』人との関わり方についても触れるので、さまざまなシーンで役立ててみてください。

『鼻につく』の意味・英語表現

STUDY!!

※写真はイメージ

まず、『鼻につく』の意味や英語表現について見ていきましょう。

意味

『鼻につく』とは、『飽きて嫌になる』『人の振る舞いなどがうっとうしく感じられる』という意味です。

もともと、『鼻につく』とは『においが鼻に付きまとう』という意味の慣用句でした。鼻ににおいが付いてうっとうしい様子から、転じて、人に対する不快な気持ちを表す言葉として使われるようになっています。


英語表現

『鼻につく』という慣用句は日本語独自の表現なので、直訳できる英語はありません。しかし、『うっとうしい、気に障る』といったニュアンスの表現は英語にも存在するので、いくつか紹介します。

  • stick in one’s craw
【例】

My mother’s constant bragging really sticks in my craw.

(私の母の絶え間ない自慢話は、私には我慢ならない。)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.