くらし情報『白菜の黒い点、食べても大丈夫? 農家の回答に「知らなかった!」』

2024年5月14日 10:00

白菜の黒い点、食べても大丈夫? 農家の回答に「知らなかった!」

※写真はイメージ

さまざまな料理に使える白菜。鍋物や炒め物のほか、浅漬けにしてもパリパリと食感よく、おいしく食べられますよね。

白菜をよく見ると、時に葉や芯の部分に黒い点を見かけることがあります。この黒い点はなんなのでしょうか。

群馬県で白菜を生産しているVegeta株式会社(以下、Vegeta)にうかがいました。


白菜の写真

『Vegeta』の農場で収穫されるみずみずしい白菜

白菜の黒い点の正体

白菜の葉や芯などに現れる黒い点について、Vegetaに聞いたところ、このような回答がありました。

ポリフェノールの一種で、『ゴマ症』という症状です。暖かい冬などに出やすく、栄養分の吸収しすぎで現れる症状です。

黒ゴマのような斑点が生じる『ゴマ症』は、白菜がストレスを受けると起こる生理障害といわれています。

例えば、肥料の窒素成分が多くなりすぎると、細胞内外での窒素濃度の差を減らすため、水分を吸収しようとして細胞の膨張が起こります。

細胞が膨張するとポリフェノール類の色素が合成されて、これが黒い点のように現れるのです。

食べても問題ないかをVegetaにうかがうと、「見た目は気になるかもしれませんが、まったく問題ありません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.