くらし情報『富士山が見えるローソンが設置した『あるもの』 SNS上で「当然」「感じが悪い」』

2024年5月28日 18:38

富士山が見えるローソンが設置した『あるもの』 SNS上で「当然」「感じが悪い」

目次

・『ローソン』前の歩道に巨大な黒い幕が…
・『黒い幕』へのさまざまな意見
富士山が見えるローソンが設置した『あるもの』 SNS上で「当然」「感じが悪い」

美しい風景を見かけたら、誰しも記念に写真を撮りたくなるもの。

わざわざ足を運んだ観光地だとしたら、なおさらカメラに収めたくなることでしょう。

しかし、その行動が他人に迷惑をかけることもあるかもしれません。

『ローソン』前の歩道に巨大な黒い幕が…

2024年5月下旬、山梨県南都留郡富士河口湖町のコンビニエンスストア『ローソン河口湖駅前店』が行った『ある対策』が話題になっています。

同月21日、『ローソン河口湖駅前店』の道路を挟んだ歩道に巨大な『黒い幕』が設置されました。


ローソン黒い幕の画像


理由は、オーバーツーリズムです。オーバーツーリズムは『観光公害』ともいわれ、特定の観光地にキャパシティを超える訪問客が押し寄せることで、地元住民の生活や自然環境にさまざまな問題が起こることをいいます。

同店舗は約2年前、SNSで富士山とローソンが一緒に写る『映えスポット』として話題に。以降、観光客が多く訪れていました。

しかし、同店舗は富士山が見えるというだけで、普段は地元住民が利用している場所。そこに、多くの観光客が訪れたことでゴミのポイ捨てや駐車場への無断駐車などのマナー違反が相次いだそうです。

約2年間、富士河口湖町では、4か国語の注意看板の設置や警備員の配置などの対策を講じましたが、マナー違反は続き、近隣住民からの苦情も寄せられていたといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.