くらし情報『海外で「売春婦」と呼ばれた日本人 差別の根本を語った言葉に気付かされる』

2020年6月26日 13:22

海外で「売春婦」と呼ばれた日本人 差別の根本を語った言葉に気付かされる

また、叔母は差別を許してはならない理由について、こうも語っていたのでした。

『生きる』ということは、社会や世界とつながり、支えあっていくこと。

人種や性に関する差別は特に許してはいけない。個性を否定することだから。

目の前にいる相手を知るということは、社会を知り、世界とつながる一歩目ともいえます。

『自分と違う』『自分の知らない現実』というだけで目をそらし、ましてや相手を否定し続けた先に、一体何が残り何が得られるというのでしょうか。

誰かと違うことは何も怖くないことだと、一人ひとりの内側から変えていかなきゃ進まない気がする。

自身が目の当たりにした差別をきっかけに、そう語る投稿者さん。

人種だけでなく、世の中には性的指向や性別、生まれ育った地域や職業など、数多くの差別が存在します。

「自分に差別は関係ない」と思っていても、現実に差別は起きていて、自分が気付かないだけでとても身近な問題です。もしかしたら、知らないうちに差別を受け、または差別している可能性も。

「差別はいけない」と語るのは簡単なことですが、では実際に差別をなくすためにはどうすればいいのか…答えは自分の心の中にあるのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.