くらし情報『逆上がりができないのはなぜ? タオルを使った裏技や大人が知りたい教え方など』

2020年9月3日 11:15

逆上がりができないのはなぜ? タオルを使った裏技や大人が知りたい教え方など

蹴る方向が間違っている

逆上がりをする時に足を蹴り上げますが、前や上に向かって足を振っている人が多くいます。

逆上がりは鉄棒を中心にした円運動になるので、蹴り上げる足は頭よりも後ろを蹴るように意識しましょう。

頭の後ろにサッカーボールが置いてあることをイメージして、蹴り上げるといいようです。

ヒジが伸びている

逆上がりをする時に、自分の身体の体重を支え切れず、ヒジが伸びてしまう人がいます。

この状態だと、鉄棒からヘソが離れてしまいうまく回ることができません。

ヒジをまげて、しっかりと鉄棒と身体が密着するようにしましょう。

アゴが上がってしまっている

アゴが上がってしまっていると、頭が後ろに振られてしまい回りにくくなります。アゴをしっかりと引いて、身体を丸めるようにするとよいそうです。

逆上がりのコツをまとめるとこのようになります。

・足は前後に開き、前足は鉄棒よりも前に出す。
・鉄棒をつかむ手は、肩幅と同じくらいにする。
・足を蹴り上げる時は後ろの足から。頭の後ろまで蹴り上げる感覚で。
・ヒジを伸ばさず、身体を鉄棒に引き付ける。
・アゴを引いて身体が伸びたり、反り返ったりしないようにする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.