くらし情報『オーディションで自宅をバカにされた俳優 見事な対応に称賛の声が殺到』

2020年11月30日 17:46

オーディションで自宅をバカにされた俳優 見事な対応に称賛の声が殺到

オーディションで自宅をバカにされた俳優 見事な対応に称賛の声が殺到

新型コロナウイルス感染症の影響で、世界では自宅にいながらオンライン会議アプリなどを活用して仕事をする人が急増中。

アメリカのエンターテインメント界でも『Zoom』などを使って映画やテレビ番組の出演者のオーディションを行うケースが増えています。

2020年8月、若手俳優のルーカス・ゲイジは自宅で、ある作品のオーディションをオンラインで受けることになりました。

いざ演技を始めようというその時、彼の耳に信じられない言葉が聞こえてきたのです。

「こういうかわいそうな人たちって、こんな狭いアパートに住んでいるよね。彼の背後を見ると、テレビがあって…」

なんと画面の向こうにいる監督がそばにいる誰かに向かって、ルーカスの住んでいる家を軽んじるようなことをいったのです。

どうやら監督はZoomをミュート(無音)にしていたつもりが、されていなかった様子。

するとそれを聞いたルーカスは気まずそうに苦笑いをして、「ミュート(無音)にしてください」といい、「僕の部屋がひどいのは分かっています。だからどうかこの仕事をください。そうすればもっといいところに住めますから」と笑顔で返したのです。


自分の発言がルーカスに聞こえていたことに気付いた監督が「なんてことだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.