くらし情報『「ラスト一文にゾクッとした…」 8歳の少女が書いた『詩』に、驚きの声』

2021年2月4日 18:55

「ラスト一文にゾクッとした…」 8歳の少女が書いた『詩』に、驚きの声

「ラスト一文にゾクッとした…」 8歳の少女が書いた『詩』に、驚きの声

柔軟な感性を持つ子供は、時に大人が驚くような自由な発想力を発揮することがあります。

2人の女の子の父親である、豪腕はりー(@gouwanharry)さんは、8歳の娘さんが書いた詩をTwitterに投稿。その内容に「ただならぬセンスを感じる」と話題になりました。

『ドラゴンのゆめ』

「ラスト一文にゾクッとした…」 8歳の少女が書いた『詩』に、驚きの声

ドラゴンのゆめ

ゆめでドラゴンになった

火をはいて家をこわした

メラメラメラメラ

もえる家

たちまち町は大パニック!

出てきた人をパクリ。

おいしいな

でもまだはらぺこ

もっと食べたいな

人間を


娘さんが書いたのは、夢でドラゴンになり、町を破壊して人を食べてしまうという内容の詩。

短い文章ですが、情景を生々しく想像することができます。

特に最後の「もっと食べたいな人間を」の一文が、完全にドラゴン視点になっていて、ゾクッとさせられますね。

作品を見た人たちからは、称賛の声が多数寄せられています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.