くらし情報『小山田圭吾の『障がい者いじめ』にカズレーザーが怒りの指摘 「的を射てる」と共感の声』

2021年7月19日 15:59

小山田圭吾の『障がい者いじめ』にカズレーザーが怒りの指摘 「的を射てる」と共感の声

小山田圭吾の『障がい者いじめ』にカズレーザーが怒りの指摘 「的を射てる」と共感の声

東京五輪の開会式で楽曲制作を担当する、ミュージシャンの小山田圭吾さんの過去の言動が議論になっています。

2021年7月14日、東京五輪に関わることが発表された小山田さん。

しかし、小山田さんが1990年代に受けた雑誌のインタビューで、障がい者へのいじめを明かしていた情報が拡散されたのです。

東京五輪に関連するパラリンピックは、障害者スポーツの大会。また、いじめの内容が度を過ぎたものであることに加え、小山田さんが笑いながら話していた点から、批判する声が続出しています。

カズレーザー、小山田圭吾の『障がい者いじめ』にズバリ

同月18日に放送された情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)では今回の件について特集し、小山田さんが自ら語ったいじめ行為の詳細を説明。

心身を傷付ける暴力行為に対し、コメンテーターとして出演するお笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーさんは、このようにコメントしました。

この方のことを結構調べて、こういった昔の酷いいじめのことは結構出てくるんですけど。

それ以外の情報…例えば「いじめを悔いてるので反省しています」「償いのためにこんなことをしています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.