くらし情報『美輪明宏「読書から何を学ぶのか?読書の意義」』

2017年10月2日 11:30

美輪明宏「読書から何を学ぶのか?読書の意義」

美輪明宏「読書から何を学ぶのか?読書の意義」
~読書から何を学ぶのか?読書の意義〜

読書の秋です。
読書は異空間に瞬間移動する想像力を養うとともに、読む本によっては表現力や美しい日本語を学ぶことができます。
例えば、泉鏡花や三島由紀夫さんの作品からは美しい日本語を学ぶことができ、竹久夢二、寺山修二、中原中也、石川啄木、ヴェルレーヌ、ランボー、コクトーらの詩人からは面白く、楽しく、美しい空想の世界と言葉使いを習得できます。
詩や美しい言葉や表現法になれたら次は小説です。
樋口一葉、夏目漱石、芥川龍之介など“文豪”と呼ばれる作家の作品からも日本語の上手な表現方法を学ぶことができます。
表現力を数多く学んでいくうちに、実は想像力も養われていく。
そして読書から学んだ美しい日本語や語彙、表現方法を日常生活の中で活用すれば、自分自身の人生が楽しいだけでなく、周囲をもユーモアで包み込み、一目置かれ敬愛されるようになります。
皆様も読書を通じ多くのことを習得して、日常生活を楽しくしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.