くらし情報『女優・尾身美詞 伝説のアイドルだった母が芸能界反対した過去』

2018年9月29日 11:00

女優・尾身美詞 伝説のアイドルだった母が芸能界反対した過去

じつは物心ついたころから、そういうことはいっさいやってはいけない。口に出してもいけないと、ずっと思っていたんです」

そう、彼女のお母さんは、元キャンディーズの“ミキちゃん”こと藤村(旧姓)美樹さんなのだ。

「母は私に“普通に生きてほしい”と思っているだろうなと感じていました。でも、どうしても血が騒ぐのか(笑)、高校生のときに進路を考える中で、こういうお仕事をしたいと思うようになりました」

彼女は中学・高校時代に、合唱やミュージカルをやる部活に入り、そこからどんどん舞台で芝居をすることに興味を持つようになっていったという。

「一度しかない人生、私がやりたいのは舞台のお仕事。母のいた芸能界とは違うので、きっと反対されないのではないか。そこで思い切って母に相談したら、『私には舞台のことはわからない。芸能界じゃないからいいわよ』という感じで、理解してくれましたね」

念願の劇団に入団した尾身さん。だが、とても舞台だけでは食べていけない厳しい現実が始まる。

「20代後半になって、“もうこのままの状態では無理だ”と思い、母には内緒で、これまで断ってきたバラエティ番組に2世であることを隠さずに出ることにしたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.