くらし情報『成宮寛貴「相棒」回想で再登場、制作側のメッセージかと話題』

2018年10月25日 19:43

成宮寛貴「相棒」回想で再登場、制作側のメッセージかと話題

成宮寛貴「相棒」回想で再登場、制作側のメッセージかと話題


ドラマ「相棒 season17」(テレビ朝日系)の10月24日放送回に、芸能界を引退した成宮寛貴(36)が回想シーンで登場した。

成宮は水谷豊(66)演じる杉下右京の3代目相棒としてseason11より出演し、“カイトくん”として視聴者に親しまれていた。しかし15年3月、season13の最終回ではカイトが罪を犯して逮捕されるという展開に。同回をもって成宮は「相棒」を卒業となった。

その後16年12月「FRIDAY」に薬物使用疑惑が報じられ、成宮は「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」とコメントを出し芸能界を引退した。

今放送回での成宮演じるカイトの登場シーンはこうだ。

カイトの父で警察庁長官官房付の石坂浩二(77)演じる甲斐峯秋が、罪を認めた犯人の一人に「僕はしくじりに対してどんどん寛容になっている。それこそ、前はしくじる人間は許せなかった」と語る。続けて「失敗するやつはそれまで、そこで終わり。やり直せるなんて思っちゃいなかったんだよ」というと、犯人が「今は違うってことですか?」と問う。すると甲斐はカイトに平手打ちをする回想シーンとともにこう語る。

「再チャレンジをすることを勧めたいと思う、心底ね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.