くらし情報『「相棒」芦名星さん登場に反響 語っていた“癒しの場”の憧れ』

2020年10月15日 19:09

「相棒」芦名星さん登場に反響 語っていた“癒しの場”の憧れ

「相棒」芦名星さん登場に反響 語っていた“癒しの場”の憧れ


10月14日、『相棒 season19』(テレビ朝日系)の第1話が放送された。ドラマ後半では、9月14日に亡くなった芦名星さん(享年36)が登場。Twitterでは、「芦名さん」がトレンド入りするほど反響を呼んだ。

《相棒に芦名さん……いいキャラクターだったな。綺麗な人だったな……もう見れないのが寂しい》
《ずっと相棒に出演して欲しかった芦名さん。ずっと忘れないで想っていれば 心の中で生き続ける!!︎》
《芦名さんありがとう》

番組のエンディングでは、これまで芦名さんが出演したシーンとともに追悼のテロップが表示された。

17年の「season15」最終話からレギュラー出演し、「週刊誌フォトス」の記者・風間楓子を演じた芦名さん。水谷豊(68)演じる杉下右京と、反町隆史(46)演じる冠城亘との掛け合いは見所のひとつだった。

そんな芦名さんは、自身の役柄を「好奇心が旺盛で、興味があること、気になることにはどんどん目を向け、損得もはっきり自分の中で判断し、自分の勘や嗅覚を信じて行動している女性」と評していたという。

「もともと芦名さんは、単発で出演する予定だったそうです。ですが、水谷さんが彼女の存在感を絶賛。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.