くらし情報『脳神経外科医が解説、浪費起こす「ミラーニューロン」とは』

2019年6月6日 06:00

脳神経外科医が解説、浪費起こす「ミラーニューロン」とは

脳神経外科医が解説、浪費起こす「ミラーニューロン」とは


ことあるごとに「最近、お金を使いすぎてマズイ……」と危機感を覚えるものの、目の前に欲しいものがあると、パッと飛びついてしまうという人は多い。

「脳には『放っておくと浪費する』という残念なクセがあります。ムダ遣いがやめられない、お金がたまらない、というのは残念なクセが支配する“ビンボー脳”が原因です。このクセを意識的に改めれば、自然と浪費は防げます」

そう語るのは、菅原脳神経外科クリニックの菅原道仁院長。菅原院長によれば、私たちがついついやってしまう次のムダ遣い習慣は、脳科学の観点から説明できるのだという。

□はやっているものが欲しくなる
□「安い!」と思うと、つい買いすぎる
□店員さんのセールストークに弱い
□高いもののほうが長く使えるので、最終的にはおトクだと思う
□気づけば似たような服ばかり買っている
□「ちょっとしたぜいたく」「自分へのごほうび」がやめられない

「脳の発達過程を見ていくと、赤ちゃんが生まれてから初めにすることは、お母さんが笑ったらつられて笑うように模倣、つまりまねをすることなのです。これは脳の『ミラーニューロン』という神経細胞の働きによるもので、大人になってからも他人が持っているものが衝動的に欲しくなるのも同じなのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.