くらし情報『田口淳之介 土下座で小嶺麗奈を援護!同時保釈に隠された真意』

2019年6月15日 06:00

田口淳之介 土下座で小嶺麗奈を援護!同時保釈に隠された真意

額が赤くなるほど強く土下座をしていた田口。

額が赤くなるほど強く土下座をしていた田口。



「しばらくの間、私自身の芸能活動を休止しますが、しっかりと更生し、罪を償い、1日でも早くみなさまのご信頼を取り戻すべく、必死に生きてまいります」

大麻取締法違反で起訴されたKAT-TUNの元メンバーで歌手の田口淳之介被告(33)。6月7日19時20分ごろ、東京・湾岸署から釈放された田口。冒頭のように謝罪すると、約20秒間にわたる土下座を敢行していた。“全力土下座”からさかのぼること15分。田口と内縁状態にあり、同容疑でともに起訴された元女優の小嶺麗奈被告(38)も同署の裏口からひっそりと釈放されていた。この同時釈放には“目的”があった。捜査関係者はこう語る。

「小嶺さんが釈放される10分前に、湾岸署から報道陣へ『2人は同時に出る。田口は表、小嶺は裏から』とアナウンスをしています。当然、各社は注目度の高い田口さんへ殺到しました。小嶺さんの保釈申請は6日に通っていたので、保釈金さえ払えばすぐに出られる状態でした。しかし田口さんが7日に釈放されると見込み、1日遅らせることで同時に保釈されることを2人は狙っていたのです」

さらに、計画の裏には田口の小嶺への思いが隠されていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.