くらし情報『倉科カナ 破局1年の傷心を癒した“午前2時のカラオケ熱唱”』

2019年6月20日 16:00

倉科カナ 破局1年の傷心を癒した“午前2時のカラオケ熱唱”

倉科カナ 破局1年の傷心を癒した“午前2時のカラオケ熱唱”


「倉科さんは1次会からワイングラスを傾け、ひとり静かに飲んでいました。どこか話しかけにくいオーラが漂っていて、『やっぱり彼のことを引きずっているのかな……』と心配の声も上がっていました」(番組スタッフ)

6月12日、都内の飲食店でドラマ『ミラー・ツインズ』(フジテレビ系)の打ち上げが行われていた。21時半からという遅めの開始だったが、主演の藤ヶ谷太輔(31)など出演者が続々と集結。そんななか、倉科カナ(31)の表情はどこか浮かないようにも見えた――。

昨年11月、本誌は倉科と竹野内豊(48)の破局をスクープした。14年に交際が報じられて以降、何度も“結婚秒読み”といわれてきた2人。だが将来について話し合った末、昨年夏に別れを決意したという。双方の所属事務所も取材に対し、破局の事実を認めていた。

そのショックがまだ癒えていないのだろうか。彼女は打ち上げ直前の5月21日、自身のブログにこんな“意味深な言葉”をつづっていた。

《今年も日々刺激的な毎日で、時々、脱線しそうになったり、、、心が折れそうになったり、、、でもどうにか自分自身で持ち直し、自分自身と戦っております。。。いや~。。。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.