くらし情報『にゃんぱく宣言反響の陰に猫保護の現状…貯金切り崩す人も』

2019年7月4日 20:35

にゃんぱく宣言反響の陰に猫保護の現状…貯金切り崩す人も

にゃんぱく宣言反響の陰に猫保護の現状…貯金切り崩す人も


猫の適正飼育を訴えるキャンペーン広告「にゃんぱく宣言」が7月1日に公開された。日本動物愛護協会の活動を支援するためにACジャパンが制作したもので、そのユニークさから大きな反響を呼んでいる。

「にゃんぱく宣言」はさだまさし(67)の「関白宣言」のように、猫から飼い主への“言っておきたいこと”を伝えるというもの。家の外に出して飼ってはならない、飼えない数を飼ってはならない、さらに猫にとって飼い主は生涯1人だけであるということを伝えている。またTVやラジオのCMでは実際にさだが歌唱する「にゃんぱく宣言」を聴くことができる。

ユニークな視点で猫の適正飼育を伝える「にゃんぱく宣言」は大きな話題となり、Twitterでは賛同する声が上がっている。

《“にゃんぱく宣言”いい歌だな 上から目線が猫らしい みんなが笑って過ごせるようにみんなで守りましょう!》
《猫飼としては泣けてくる どんだけ頑張っても20年ちょっとしか一緒に居られないかけがえのない小さな生命。大事にするしかない》
《うちの保護猫と重ねて泣いている。一生大事にします!》

飼育放棄され捨てられた猫たちは、保健所や動物愛護センターに引き取られる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.