くらし情報『生理バッジ導入に異論反論 番組では「甘え感じる」意見も』

2019年11月25日 17:25

生理バッジ導入に異論反論 番組では「甘え感じる」意見も

大阪市にある大丸梅田店は、JR大阪駅直結の百貨店

大阪市にある大丸梅田店は、JR大阪駅直結の百貨店



11月22日に大阪市にある百貨店・大丸梅田店5階にオープンした新たな売り場『michi kake(ミチカケ)』で、試験的に導入している「生理バッジ」が物議を醸しだしている。「生理バッジ」とは任意で従業員が名札の位置に着けることで、生理中であることを周囲に示すプレート。小山健氏の漫画『ツキイチ!生理ちゃん』とのコラボで、生理痛の原因を擬人化したキャラクター「生理ちゃん」がバッジに描かれている。

25日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)でも「生理バッジ」の賛否について取り上げられた。番組取材によると、店側は「女性の社会的進出も含めて、女性の悩みも多様化している。女性の悩みに応えられるような売り場を作りたい」と趣旨を説明。「月経カップ」といった最新の生理グッズを扱っている同売り場。生理の理解を深めるために若手社員が発案したのがきっかけだという。「バッジを着けることで、従業員同士の気遣いといったポジティブな行動につながるのではないか」という“働きやすさ”を意図して試験的導入に至ったとのこと。

従業員からは「これまで職場でできなかった生理の話ができるようになったことが大きな1歩」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.